生命保険の保険比較は必要か

生命保険の保険比較って必要でしょうか、私は必要だと考えています。大学を卒業し、胸躍らせて新入社員として働き出した頃、会社に保険勧誘員の方々が訪ねてきました。皆さんあの手この手で誘って下さいます。電話や近所づきあいを通しても、さまざまな保険会社の勧誘がありました。あの頃の私は、まだまだ世間知らずでしたから、保険の仕組みからして全く理解していませんでした。それを見越しての皆さんの勧誘なのですね。勧められるままに、片っ端から契約を重ねてゆきました。あの頃の私に生命保険の保険比較の知恵が備わっていればと思います。

初任給を手にした私は嬉しくていろいろな使い道を考えていました、しかし、何日か経って通帳記入をした時に私は愕然としたのです。私にとっては莫大過ぎるほど、保険料が引かれていました。銀行口座から引き落としとなっていたので、全く実感なく引かれているのですね。調子に乗って契約し過ぎました。中には何年かごとに纏まった金額が返ってくるという保険もあり、お得であるとしか考えていなかったのです。もちろん満期など何十年も先です。私は会社帰りに飲みに行く事すら控え、節約の日々を送るしかありませんでした。

しばらく我慢すれば、ボーナスも出ます。しかし、まだまだペーペーな私には、わずかばかりのボーナスしかありませんでした。当たり前の話です。いくら貯蓄型の生命保険もあるといっても、今の生活が危ぶまれるぐらいでしたら意味がありません。私はそこまで追い詰められていました。1年経たずして各保険を解約することになりました。本来の保険の旨みを経験することなく、途中解約です。殆ど掛け損となり、もう二度と保険になど加入しないとまで思いました。それでも生命保険は掛けていないと不安でもあります。今では保険比較で自分に最適な生命保険に出会い、快適安心な日々を送っています。

保険会社ごとに生命保険は多様です。日本では多様な生命保険商品があります。選んだ保険種類によって保険会社から提示される条件は違います。保険商品は更に毎年増え続けていきます。どのような生命保険の選択が正しいことなのでしょうか。そこから保険商品を選びそして組み合わせていくのです。保険比較サイトで選びましょう
保険比較|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/A0A0000.htm

相続対策をどう進めていくかは親族親兄弟の心情問題もあり良く考えないといけないポイントです。苦労せずに相続対策を解決するためには相続をどのように終結させるかについて安易に決めてしまって入れません。相続により支出の確保のために保険が結構役立ちます。相続対策についても提案をしてもらい検討しましょう。
相続対策について|バードレポート
http://www.bird-net.co.jp/cat4601.htm

生命保険や学資保険の保険提案書をちゃんと理解し比較するのは大変です。保険のコンサルを受けようとするのならそのコンサルがどんな仕事で業務を行っているのか分からなくてはいけません。そのあとで保険比較し通販生保も研究します。そうすることが大切です。-

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/