相続税節税の生命保険のメリット

相続税の節税対策というと、生命保険の活用を検討する人もいるかと思います。これは、生命保険の非課税枠を利用しようとするものです。しかし、今、この非課税枠の議論がされており、条件が厳しくなる方向に向かっています。今までは法定相続人であれば、無条件に非課税枠を利用することができましたが、改正後は生計を一にする法定相続人など、条件が課されるようになる予定です。これにより、生命保険は相続税の節税対策としては使いにくくなります。

しかし、相続における生命保険の役割は何も相続税の節税対策だけではありません。その他にも活用の仕方があります。それは、相続財産から外すということです。戸惑う人もいると思いますが、同じ生命保険でも、相続税法と民法ではその取り扱いが異なります。ここで言おうとしていることは民法の視点から考えた場合のことです。なお、生命保険は相続税法上は課税対象となることに変わりはありません。そのため、相続税の課税財産には含まれてきます。

生命保険は、相続人が特に財産を残したい人を受取人にすることで、直接的に保険金を与えることができます。つまり、民法上は遺産分割の対象とはならないわけです。介護でお世話になった、長男よりも次男に大事にしてもらったという場合には、生命保険を活用して財産を移転するのも1つの選択肢です。但し、身内以外の第三者が保険金を受け取る契約は、生命保険会社により制限されているので、その点、しっかり確認しておきましょう。

後悔しないようにするためには話し合っておけば相続税が思いのほか少なかったりします。うまく相続対策を解決するためにはあらかじめ相続について甘く考えないことです。どの家でもうまくいくとは限らないのが相続問題で、その解決は相続税申告の問題をどう解決するかは相応の資産か有していると必ず考えないといけない問題と言われています。相続税と相続についての手続きはきちんと手続きを踏むことが大切です。-
死亡時にひつような保障額を悩むようになるのは子供が生まれた時だったと思い返す人も多いようです。人としての生きていく区切りのときに自分が死んだときに必要な金額と生命保険を始めて考えるのかもしれません。保険ショップが重要なことにも気付きます。ライフプランや人生設計のことをもう少し学びましょう。保険ショップです。-
どの生命保険を選ぶのかは結構大変なことです。生命保険の見直し、言い換えれば失敗しないように生命保険の見直しをこなすか。重要な注意点です。損しないためには保険シッョブのみつばち保険ファームを訪ねましょう。-

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/