相続における生命保険のメリット

生命保険は相続税の節税対策となると言われています。これは相続人1人あたり500万円の非課税枠があることを指しています。しかし、相続における生命保険の活用はこれだけではありません。納税資金として準備できるというメリットもあるのです。アパートや家屋などの不動産ばかりしか資産を持っていなような場合、納税するための資金を捻出するには、不動産を売却して換金するしかありません。しかし、生命保険に加入しておくことで納税資金が準備できます。

この際、気をつけなければならないことは受取人をだれにしておくかということです。たいていの場合、生命保険の受取人は配偶者になっています。しかし、実際に相続税を計算してみると、配偶者にはいろいろな軽減措置が取られており、意外と納税額は少ないものです。一方で、子供の納税額は配偶者に比べて大きくなりがちです。この小人の分の納税資金を生命保険で用意しておくと、実際に納税となった場合にも不都合なく手続きを済ませることができます。

また、いわゆる二次相続が発生した時にも、この方法は有効に機能します。二次相続とは、例えば父が亡くなって、まもなくその母がなくなり、再度、母の相続が起こるということです。もしも、一次相続の時に配偶者が生命保険の受取人になっておりお金が集中してしまうと、配偶者の相続の時に、その財産が膨らんでしまい、大きな負担となってしまいます。あらかじめ子供が受け取っておけば、受け継ぐ財産は少なくて済むというわけです。

相続争いの問題はきちんと手続きをきちんととることが重要な注意点です。遺言と遺言書をしっかり考えましょう。遺言で解決できるのかは法定相続分について甘く考えないことです。多くの場合遺産相続の問題は不動産を子に承継させるに当たり大変な問題です。ちゃんとこの遺言問題について事前によく考えておけば何とかなるものかもしれません。-
高層ビルの中などにでも保険の相談を受け付けてくれる保険の店舗がかなり増えたようです。いろいろな規模のいろいろな種類の保険代理店が保険ショップ展開を始めています。医療保険やガン保険を問題なく決めるのは苦労することです。これらの保険のショップ。保険ショップでの保険の相談をやって貰えます。
保険ショップについて|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/shop/

保険について質問し回答をもらうことで損しない生命保険を後悔しないで間違いなく選べことができる良いになっていくのです。生命保険の保険相談をしている会社もあります。やらなくてはいけないのは保険ショップで生命保険相談。ちゃんと考えて保険を選びましよう。保険選びは安易にできるものではありません、-

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/