生命保険に加入する目的

生命保険に加入する目的は大きく分けて3つあります。一つ目は保障です。2つ目が貯蓄、3つ目が相続対策です。しかし、今の生命保険は貯蓄目的で加入するには魅力が乏しいですし、相続税対策として利用されていた生命保険も、相続税法の改正により、今後は魅力が薄れていきそうです。そのため、生命保険が生き残っていく分野としては保障に限定されていくのではないかと考えています。保障には、主に医療保障と死亡保障があります。

医療保障とは怪我や病気となった場合に、一時金として支給されるものや、入院した場合に入院給付金として支給されるものです。死亡保障とは契約者が死亡した場合に、遺族に保険金が支給されるというものです。最近では、医療保障の延長として収入保障というものが登場しています。これは、怪我や病気で入院したことにより収入がなくなってしまった場合に、その収入を補填するための保障となります。貯蓄が乏しい人には魅力的な保険といえるでしょう。

今、生命保険は死亡保障にせよ、医療保障にせよ、様々な商品が登場していますが、自分が加入する目的をしっかりと把握しておきましょう。不安に駆られてあれもこれも加入してしまうと、怪我をした時や病気になった時に、充実した保障を受けられたとしても、日常の生活が苦しくなってしまい、保険貧乏となってしまいます。このような状況は生命保険そのものに原因があるのではなく、その加入の仕方に問題があるのです。つまり、生命保険を活かすも殺すも加入者自身ということです。

ガン共済や医療共済、定期共済。いろいろな種類の共済商品があります。もちろんそれぞれの共済商品は保障内容も全く違うものです。共済はこの考え方に立って重要です。共済は比較してから度の保険かを決めましょう。-
相続についてきっちり覚悟して臨むことです。ちゃんと解決するためについて事前に考えていれば何とかなるものかもしれません。苦労するのは相続で、その問題は誰の家であってもとても難しい問題です。争いにしないようにするには相続対策についての問題というものはきちんと手続きを踏むことが大切なポイントです。
相続コンサルについて|バードレポート
http://www.bird-net.co.jp/rp/SR961301.html

 保険の意義は、自分にとっての自分でいかに対応するかという問題です。苦労する問題でもあります。JA共済など、生命保険だけでなくいろいろな種類の共済商品があります。その共済についての保障対象と保障内容はもちろん大きく違っています。様々な共済を比較するは苦労します。-

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/