生命保険加入時に考えるべきこと

生命保険は人生においてマイホームの次に大きな買い物になる、としばしば耳にします。しかし、これは生命保険会社のセールストークでしかありません。この言葉を真に受けて、月に2万円も3万円も保険料を支払ってしまっては、なかなか貯蓄することができません。本当に自分に必要な保障はどのようなものなのかということを自分なりに考えていくことが重要です。生命保険自体は悪いものではありません。その組み方が問題となるのです。

例えば、貯蓄が十分にあるような人は、生命保険に加入する必要はありません。なぜならば、もしも病気やけがで入院したりしても、その貯蓄でカバーすることができるからです。また、自分に万が一のことがあっても、その貯蓄を家族の生活費に充てることもできます。生命保険は貯蓄の補完です。貯蓄がない人でも、貯蓄ができるまでの期間だけ加入するべきものという観点で、生命保険を検討してみると、今までと違った見え方がしてきます。

自分も生命保険には加入していますが、自分が加入している保険商品は医療保険とわずかな死亡保険くらいです。なぜならば、自分はまだ独身ですから、死亡保障は葬式代くらいが出れば家族に迷惑がかからないと考えているからです。しかも、掛け捨ての定期保険です。そのため、保険料は両方合わせても4000円もしません。その代り、貯蓄を毎月5万円しています。この貯蓄がある程度の金額になったら、医療保険も解約するつもりです。

生命保険を定期保険に変えるのかはみんな苦労します。うまく生命保険と定期保険商品を考えようとすると結構苦労するはずです。落ち着いて商品を選ぶことも大切です。定期保険の検討は重要な注意点です。-
生命保険をどうするかの問題は結構面倒な出来事です。しかし生命保険を比べることについて安直に考えてもいいのではないでしょうか。保険代理店は変革しています。保険ショップと呼ばれるようになった販売店が一般化しました。ほけんの窓口が色々なところにあります。相談できます。-
どの生命保険にするか。結婚のタイミングで保険ということについて考えたんですけれど保険種類をどうしたらいいかわからずにどの保険が損しないのか全く分かりません。気の合う人も教えてくれるのだけれど結局自分で調べることでまず納得しないと保険を頼むことなどできないです。明治安田生命です。-

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/